会社を知る

  • HOME
  • >
  • 会社を知る
ご挨拶

沖縄を最先端医療研究の第一線へ

 
株式会社ウェルビーの採用に興味関心をお持ちいただきありがとうございます。ウェルビーは沖縄県で新しい医療に積極的に取り組んでいる医療機関と契約し治験や臨床研究のサポート及び推進を行っている会社です。 
 
平成19年に医療法人友愛会豊見城中央病院(356床)の治験管理センター受託運営から業務をスタートし、現在では沖縄県本島中南部の基幹病院、クリニックなど28施設と契約し、治験を含めた臨床研究全般のサポートを行っていま す。
 
今後、治験の実施を通じて院内に臨床研究
プラットフォームを確立し 将来的に 最先端医療研究の第一線にしていきたいと考えています。 沖縄に最先端医療である治験や臨床研究が集まり、 日本で一番進んだ医療が受けられる県として、住みよい沖縄をさらに住みやすい地にするべく一緒に力を合わせてくれる人材を募集しています。
 
県外から応募される方にとっては、沖縄で仕事というとイメージが湧きづらいかもしれません。また県内の方でも治験や臨床研究のサポートという仕事は初めてかもしれません。そこで、このサイトではウェルビー及び沖縄を知っていた だき、応募への一助になればと考えています。
株式会社ウェルビー
代表取締役 宇敷 敏
経営理念
ウェルビーの使命

より良い治験へのこだわり

近年グローバルスタディ(国際共同治験)が数多く行われるようになったこともあり、難易度が高く被験者の組入もしづらい治験が増えてきています。沖縄では、そういう治験が数多く依頼され実施してきているのですが、医師と共に「より早く、より多く、より正確に」を心がけて治験に取り組んできた結果、現在までの治験実施率(実施症例数/契約症例数)は93%(設立時から7年半の平均値)となっています。その実績が認められて治験の依頼が増えるとともに他施設からのサポート依頼も増えてきました。現在では研究全般について積極的な県内有数の基幹病院及びクリニックと契約を行い治験及び臨床研究を実施しています。
 

市中病院における治験を含めた臨床研究全般のサポート

2009年からは治験に加え臨床研究についてもサポートを開始しました。元々は、治験サポートを通じて医師との関係が深まる中、医師側より治験で得られた研究費で臨床研究についてもサポートしてほしいとの要望があったのがきっかけなのですが、治験のみのサポートを行うよりも、臨床研究も合わせてサポートをした方が地域医療の発展につながると考え、現在では「市中病院における臨床研究全般のサポート」という事業コンセプトを掲げています。
 
通常診療で忙しい市中病院で治験のみならず臨床研究まできちんと実施するには、医師の研究に対する熱意だけでなく、しっかりした研究サポート体制が必要不可欠です。ウェルビーでは、より良い治験や臨床研究の実施に向け、より深く病院に入り込み、医師との接点を増やしていっています。日々、より良いサポートのあり方を考え実行することで各医療機関における最先端医療の導入に寄与し結果として地域医療の発展に貢献できるものと考えています。
 

再生医療への取り組み

平成22年に、豊見城中央病院とともに沖縄県による先端医療技術産業化研究事業に採択され、沖縄初となる再生医療の臨床応用に向けた臨床研究プロジェクトがスタートしました。株式会社ウェルビーは、共同研究先である各大学や企業との調整、臨床研究実施に向けての院内調整、委託費の調整など当プロジェクトの推進役として中心的な役割を担いました。
再生医療は、対症療法が主となる今までの治療法から脱却し根本治療につながる可能性のある医療です。ウェルビーは、この新しい医療を研究レベルの段階から沖縄に導入したいと考えています。その為に必要な臨床研究実施体制を県内医療機関と作るとともに、再生医療に理解のある医師を増やすべく活動をしていきたいと考えています。
 

各種ネットワークへの取り組み

沖縄は、製薬会社の開発拠点がある東京や大阪から距離があるため、モニタリング効率の面を考慮しても依頼面で不利であることは否めません。ウェルビーは、沖縄であらゆる疾患の治験が実施されることを目指しており、そのため症例集積性を高めるしくみとして各種治験ネットワークを構築しています。
 
 
このような事業コンセプトのもと、治験を含めた臨床研究全般について医療機関と一体になって取り組むことにより、「より良い医療」を県民に提供するとともに、沖縄発のエビデンスによる医療の発展に寄与したいとウェルビーは考えています。

会社風景

ウェルビー本社

 

ウェルビー本社は3階です。


沖縄県浦添市西原にウェルビー本社は所在しています。自動車社会沖縄において沖縄自動車道 西原ICからすぐという便利なロケーションに位置しています。バークレイズコートショッピングセンターの向かいにある白い印象的な建物の3階なのですが、建築家のオーナーが事務所に使っていたフロアを借りています。2階は教会になっており週末は教会、ウィークディはウェルビーと駐車場をシェアして使用しています。
 

駐車場

 

駐車場(1階)


沖縄では駐車場の確保が重要です。那覇とかに本社がある場合は駐車場代が高く人数分の提供が難しい場合もあるので、敢えて那覇ではなく交通の便が良く駐車場の確保のしやすい浦西エリアに本社を移転しました。、建物1階に9台分確保しています。そのほか、近隣に5台分駐車場を確保しており、本社勤務時の駐車場は確保できています。駐車場代の社員負担はありません。
 

ウェルビー社内

社長室兼打合せルーム


 
平成25年7月に沖縄本島南部の豊見城市から浦添市西原へと移転しました。以前は設計事務所であったり英語塾として使われていたようですが、ウッドフローリングの味わい深い内装です。また、大きな部屋が3つあり、一区切りが大きいのでとても使いやすいオフィスです。本社では、SMA、プロジェクトチームを中心に8~10名が勤務しています。
 
 

ミーティングスペース


 
オフィススペースとは別に会議やミーティング用のスペースがあります。昼は一緒に食事をとったり多目的に使用しています。
月一度の全体会議の時は、ここに全社員が集合します。集まれない場合は、ビデオ会議での参加になります。
 
 
 
 
近隣情報

 

スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒー


向かいはスターバックスコーヒーです。待ち合わせに、打合せにと何かと便利な存在です。企画を練るときなど、ここで仕事をすると何故かはかどります。
 

バークレイズメディカルモール

バークレイメディカルモール


道はさんで向かいは、バークレ-ズメディカルモールとなっています。
心療内科、整形外科、小児科、婦人科の各クリニックがはいっています。

バークレイズコートショッピングセンター

バークレイズショッピングセンター


メディカルモールのとなりはショッピングセンター。 スーパーりうぼう、ドラッグストア、100均、ゴルフ用品店、ベスト電器、Hotto Motto、CoCo壱番屋(カレー)、杏屋(居酒屋)、大戸屋(和定食)、なび家(沖縄料理)。Itarian Tomato CafeJr. (イタリア料理)、モスバーガー、牛角(焼き肉)、千杯屋(ラーメン)、スシロー(寿司)などがあり、便利。
 

近隣の沖縄そば店

歓會門

 
沖縄そばの店は、歓會門や、本家亀そば、一本松、八重山そばさくま などがあります。
 
 
エントリーするエントリーする